新着メディア情報

2017年3月(243号) ひとつの思考に集中すること

【ひとつの施行に集中するとは。。。】
昔から「二兎追うものは一兎も得ず」と言う諺があります。また「天はニ物を与えず」と言うことわざも言い伝えられています。私もその通りだと思っており、商売繁盛の法則として、ひとつの思考に集中する事!こころの中で強く思い、強く焼き付ける事が全てを達成、成し遂げることに有効だと思います。 全てはこのようにしたい、このようになりたいと強く心の中に思うことです。特に日本人は一つの事に集中して達成、完成させる職人気質の方が多くいます。悪く言うと、いくつもの事を同時に始められない、バランスが悪いとも言えますが、他の事を忘れ一心不乱に一つの物事に集中出来る職人気質、研究者資質を持ち合わせています。・・・・だからイノベーションや開発に向いています。 その為には外なる心が内なる心と連携して協力する事が重要です。人は皆、外の世界で体験することを画像として心に焼付けています。本当はその逆でないといけないのです。本来は望ましい事を心の中に描いてそれを周りにある外の世界に焼き付ける能力があります。まずは明確な目標を定めること、内なる心は+極で、外なる力は-極です。地球の北極が+極で南極が-極と言うのと同じで、全てにおいてプラスとマイナスがあるのが自然です。 無ければ何も成立しません(飛行機が空を飛ぶのと同じ要領)。目標を明確に持っていない人間は何でもかんでも外の周波数に目標を併せ、結局何ひとつも達成できません。気が多い人、人の話に耳を傾けすぎる人、人の話に影響を受けやすい人など、結局自分の心の中、+極に明確な自分の目標、成し遂げたい望みを持っていないからなのです。人は何かに意識を向けるとき生命力の一部がそのものに移転するのです。生命力を移転するからこそ、引き寄せられるのです。望みが強いほど引き寄せられるのです。

【訓練を積み上げることが達成への道】

最初からうまくは行きませんが、訓練をコツコツ積み上げていくと、不思議とそのようになるものです。まずは目の前の目標からコツコツと繰り返して達成して行くのです。そして成功に必要なことだけを残して全て片付けてしまい、整理する事です。 心に描いた画像が具体化して行くプロセス、望ましい絵を心の中に描いてそれを自動的に周りにある外の世界に焼付けるようにしましょう。外の心の良い所だけを見るようにしましょう。そうする事で、一人でいても寂しくない人間に成れます。自分が成長したければ一人で己に立ち向うのです。彼を知り、己を知れば百戦練磨です。 自分は何に関心があり、何に興味を持ち、何を望むのか、どういう信念でどんな考え方を持っているのか、どんな使命を持って生まれて来たのか、自己を見極める事、己の魂を磨く、内面を見よ、胆力で尽くす、成し遂げる事、貧しい時でも頑固として信念を持って仕事をすると必ずその労働が生み出す豊かさを味わえるようになります。成すべき仕事をみつけた人は幸福になれます。一つの思考に集中すること、正に商売繁盛の法則也

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



facebook

Instagram

アーカイブ

ページ上部へ戻る

今週の売れ筋ベスト5